シカゴ・カブス

May 14, 2017

Ian Edward Happ
内野手/外野手・右投げ両打ち
94年ペンシルバニア州生まれ
15年ドラフト1位でカブス入団
今季年俸
年度別成績

15年ドラフト1位。
これでカブスのドラフト1位は5年連続でメジャー昇格となる。
ベースボールアメリカのプロスペクトランクでは16年3位、17年2位。
またMLB.comの球界100位のランクで28位。

昨年はカロライナリーグのオールスター、週間MVP2度、
6月にはカブス傘下マイナー選手の月間MVPも受賞している。

今年はトリプルAで開幕し、開幕8試合でホームラン5本と好調なスタート。
一時故障したものの、復帰後は5試合で20打数10安打8打点と
大当たりを見せ昇格となった。

マイナー3年間通算で打率は.275ながら出塁率は.362と高い。
選球眼があり、パワーもそこそこ。
20本塁打&20盗塁を狙えるという評価もある。

守備位置は二塁だが、外野も3ポジション出来る。
またチームを第一に考えるタイプでガッツもあるという話で、
性格も問題ない様だ。
ゾブリストのような選手になれるか。

Satoshiat 21:59コメント(0)トラックバック(0) 
現在チーム打率.238と打撃陣が今一つ。
リーグ順位でいうと打率11位、出塁率8位、長打率11位、
得点圏打率はワースト。残塁数の多さもワースト。
三振がカブスより多いのは2チームだけ、
規定打席で.250を超えているのはブライアントだけ。
どうも調子が上がってこない。

この日はそのブライアント欠場。
ラッセルとゾブリストもスタメンから外れ、
5番ラステラという迫力に欠ける打線。

結局、マルティネスに抑えられ6安打。
2回にラステラ安打の後レスターがタイムリー二塁打、
7回はデビュー戦のハップがメジャー初安打となる2ラン。
得点はこれだけで、後は音無し。
打ったのが投手と新人だけとは。
マルティネスがいい投手なので仕方ない部分もあるが・・・


●入れ替え。ペーニャをマイナーに降格させ、代わりに
イアン・ハップが初昇格。

Satoshiat 21:17コメント(2)トラックバック(0) 

May 13, 2017

Timothy Edward Butler
投手・右投げ右打ち
91年バージニア州生まれ
12年ドラフト1位でロッキーズ入団
17年2月にトレードでロッキーズからカブスに移籍
今季年俸
年度別成績

トレードで獲得した、伸び悩んでいる若手投手。

12年のドラフト1位で入団。
ファングラフス、ベースボールアメリカ、MLB.com、
あらるゆプロスペクトランクで上位にランクイン。
特に、2014年のキース・ロウによる球界トップ100のランクでは17位
(ちなみにブライアントは15位だった)。
いずれローテーション投手になると見做されていた。

しかし、メジャーではなかなか通用せず。
3年で防御率6.50と言う数字で遂に見切りをつけられた。
ダブルAの投手と交換でカブス入り。

ただ、ツーシームとチェンジアップが武器の投手だが
ロッキーズはツーシームをあまり投げさせず
高い腕の位置から投げるよう指導していたらしい。
指導の仕方を誤ったんだろうか。

移籍後ボジオのアドバイスで投球フォームを昔のものに戻している。
腕を下げて、低めにツーシームを集める投球にするという話だ。
アリエタを開花させたボジオの指導に期待。

化ければ面白そうだが、どうか。

Satoshiat 21:14コメント(0)トラックバック(0) 
Jeimer Candelario
内野手・右投げ両打ち
93年ニューヨーク州生まれ
10年ドラフト外でカブス入団
今季年俸
年度別成績
以前の名鑑(2016年)

ニックネームは「キャンディ」。
昨年7月にデビューした、両打ちの三塁手。
デビュー戦でシンダーガードからメジャー初安打を放っている。

今シーズンはトリプルAで打率.340、出塁率.443と打撃好調。
開幕から7試合で5打点試合を3度、
さらに5月は打率.440と打っていたため昇格となった。
昇格翌日には、休養のリゾの代わりとはいえ
早速4番一塁でスタメン出場している。

昨年はフューチャーズゲームやダブルAサザンリーグのオールスターにも選出され、
「ベースボールアメリカ」によるカブスのプロスペクトランクでは
過去5年でベスト10に入ること4回。
今のところ内野陣の層の厚さに阻まれているが、
そろそろメジャー定着を目指したい。

売りは打撃力。ここ4年平均で35本の二塁打を放つなどパワーがあり
選球眼も悪くない。守備では強肩。

父親は元アストロズのマイナー選手。
野球学校を開くため故郷ドミニカに帰ったので、
息子はニューヨーク生まれドミニカ育ち。
同郷のスター、ソーサやアルーがいたカブスのファンだったらしい。

Satoshiat 21:12コメント(0)トラックバック(0) 
予想外と言っては失礼だが、アンダーソンの代役バトラーが好投。

序盤は制球に苦しんだものの、終わってみれば6回を無失点。
打たれた安打は2本だけで、
1本はキャンデラリオのグラブをはじくエラーくさい内野安打、
もう1本はバント安打というもので、まともな当たりはほとんど無し。
外野に打球が飛んだのもわずか2度。
96マイルの速球でカーディナルス打線をねじ伏せた。
先発陣の不振が続き、リリーフが酷使されている今
このピッチングはチームとしても助かる。
少なくとももう1度は先発の機会があるだろう。先発5番手に名乗り?

コントレラスも良かった。自身初となる1試合2本のホームラン。
そして何といっても、3-0で迎えた7回。
エドワーズがソロを打たれ、さらに2四球を出して
二死一二塁という一打同点の場面を迎える。
しかしここで、コントレラスが一塁へ矢のような牽制球。
一塁走者のファウラーを刺し、ピンチを脱したのだった
(一方で、9回に自らのエラーで1点差に迫られたが)。


●カブスは7日、マット・シーザーのパドレスへのトレードを発表している→こちら
交換相手はジャスティン・ハンコックというマイナーの右投手。

残念ながらシーザーは退団。右打ち外野手で守備走塁に定評、と
タイプが似ているアルモラの台頭で出場機会が減った。
パドレスでは出番があると思う。嫌味ではなくて。
性格も申し分ないし。
プレーオフでの「シーザーのバット」「シーザーのレギンス」は
カブスファンは忘れない。

ちなみにシーザーをDFAにした翌日アンダーソンが故障し
選手枠が空いたのは気の毒だった。
さらに後日ヘイワードが故障、今日はジェイが背中を痛め途中退場、
ラッセルは肩を痛めブライアントは病欠と、
皮肉なことに野手が足りなくなってきている。

●最近の異動。目まぐるしい。
5/5 グリム降格、ペーニャ昇格
5/6 シーザーDFA、ザストリズニー昇格
5/7 アンダーソンDL、ザストリズニー降格、グリムとラステラ昇格
5/8 ヘイワードDL、フローロ昇格
5/9 キャンデラリオ昇格(ダブルヘッダーの26人目として)
5/10 フローロ降格
5/12 グリム降格、バトラー昇格

現在のロースターは以下の通り
投手
6カール・エドワーズ・ジュニア
19上原浩治
28カイル・ヘンドリクス
32ブライアン・ダンシング(左)
33エディ・バトラー
34ジョン・レスター(左)
38マイク・モンゴメリー(左)
41ジョン・ラッキー
46ペドロ・ストロープ
49ジェイク・アリエタ
56ヘクター・ロンドン
60フェリックス・ペーニャ
71ウェイド・デイヴィス

捕手
40ウィルソン・コントレラス
47ミゲル・モンテーロ(左)

内野手
2トミー・ラステラ(左)
7ジェイマー・キャンデラリオ(両)
9ハヴィアー・バエズ
17クリス・ブライアント
18ベン・ゾブリスト(両)
27アディソン・ラッセル
44アンソニー・リゾ(左)

外野手
5アルバート・アルモラ・ジュニア
12カイル・シュウォーバー(左)
30ジョン・ジェイ(左)

故障
22ジェイソン・ヘイワード
37ブレット・アンダーソン

Satoshiat 19:57コメント(0)トラックバック(0) 

May 05, 2017

4時間を超える長い試合。

野手を使い切り、投手は8人が登板、
13安打を放つも15安打を打たれ5四球を出し、
牽制死2つ、エラー1つ、残塁11。
疲れる内容だったが、今シーズン10度目の逆転勝ち。
ちなみに15安打を打たれながら勝利したのは2015年5月15日以来。

3-4の8回、モンテーロがソロを放ち同点に追いつく。
モンテーロは最近11試合で打率.536と大当たり中。

延長に入った13回、先頭のアルモラが二塁打。
バエズが倒れた後ゾブリスト敬遠で一死一二塁。
ここでシーザーは二塁ゴロ。463の併殺コースと思われたが、
ショートのガルヴィスが一塁へ悪送球。これでアルモラが生還しサヨナラ勝ち。

エドワーズがラップにソロを浴びたものの、
リリーフ陣は8イニングを投げその失点だけと力投。
11回の一死満塁を防いだのも大きかった。
なおリリーフ陣の防御率は現在リーグ1位。
調子の上がらない先発陣を支えている。


●明日からリグレーでヤンキースと3連戦。
インターリーグでは通算4勝9敗。
そういえば前回の対戦では、レギュラーシーズンで
日米通算34連勝中だった田中に黒星をつけたのだった。

年度別対戦成績
03年 2勝1敗
05 0勝3敗
11 1勝2敗
14 1勝3敗

先発投手
第1戦
ヘンドリクス(2-1,4.18)
マイケル・ピネダ(3-1,3.14)
第2戦
アンダーソン(2-1,6.23)
ジョーダン・モンゴメリー(1-1,4.15)
第3戦
レスター(1-1,3.67)
ルイス・セヴェリーノ(2-2,3.86)

Satoshiat 18:44コメント(0)トラックバック(0) 

May 04, 2017

「初回に失点するも逆転勝利」。
だんだんテンプレのようになってきた。

またしてもいきなり打たれる。
ナヴァが四球&盗塁。そのあとフランコにタイムリー、
ヘレーラにタイムリー二塁打で2点のビハインド。
これで初回失点は4試合連続だ。

しかし、やはりといえばいいのか、1-3の6回に逆転。
リゾ、ゾブリスト安打で一二塁。
ここでヘイワードがタイムリーを放ちまず1点。
パスボールで二三塁となると代打コントレラスが2点タイムリー二塁打。
4-3と逆転する。
続く代打シーザーはショートへの内野安打だったが、
一瞬の隙をついてコントレラスが二塁から生還する好走塁。5-3。

Satoshiat 21:10コメント(0)トラックバック(0) 

May 03, 2017

またも初回に先制を許すも、今日は逆転勝利。

2-2の4回に勝ち越し。
二死無走者からレスターが安打で出塁。
バエズも安打を放つと、シュウォーバーが3ランを放ち、5-2。
さらにブライアント三塁打、リゾ死球と続き
ゾブリストがタイムリー二塁打。6-2。

5回にも、2四球の後バエズの2点タイムリー三塁打で追加点。
昨日ホームランのバエズは、今日もホームラン含め4安打。
もし二塁打が出ていればサイクルヒットだった。
シュウォーバー、バエズの2人が打つとやはり怖い打線だ。
そろそろ調子は上がるのか。

レスターは5回で降板も、打線の援護で今季初勝利。
リグレーではこれで自身10連勝。
リリーフ陣が残り4イニングをパーフェクトに抑えたのも大きかった。
ちなみにエドワーズ、ロンドン、デイヴィスの3人合計で
33回2/3を投げ自責点1と完璧だ。

Satoshiat 18:50コメント(2)トラックバック(0) 

May 02, 2017

6点以上差をつけられての敗戦は今季初。
二桁失点も今季初。惨敗だった。

初回、ヘルナンデス安打の後アルテアーにタイムリー二塁打。
フランコに四球を出すと、ジョセフに3ランを浴びる。
さらに2回、一死二三塁でまたアルテアーに2点タイムリー二塁打。
続くヘレーラにもタイムリー。これで0-7と
2回で勝負がついてしまった。アンダーソンは1回1/3でKO。

ちなみに、今シーズンの先発陣の初回防御率は
10.80と打たれている(他のイニングは3.17)。
被ホームランも33本のうち10本は初回。
どうも立ち上がりが良くない。

打線は2点だけ。
バエズが相手エラーで二塁進塁、ワイルドピッチで三進し
代打シーザーの犠牲フライでようやく点を取ったに過ぎない。
他はバエズのソロだけ。4安打ではなあ。


●2000年以降の4月(3月含む)成績
00年 10勝17敗(6位/6 8差)
01 15勝9敗(1位/6 +1差)
02  8勝16敗(5位/6 7.5差)
03 15勝12敗(1位/6 +1差)
04 13勝 9敗(1位タイ/6 -差)
05 12勝11敗(2位/6 3.5差)
06 13勝10敗(4位タイ/6 3差)
07 10勝14敗(4位タイ/6 5.5差)
08 17勝10敗(1位タイ/6 -差)
09 10勝11敗(5位/6 5差)
10 11勝13敗(3位/6 4.5差)
11 12勝14敗(4位/6 3.5差)
12  8勝15敗(6位/6 6.5差)
13 10勝16敗(5位/5 5差)
14  9勝17敗(5位/5 10差)
15 12勝8敗(2位/5 2.5差)
16 17勝5敗(1位/5 +3差)
17 13勝11敗(1位/5 +1差) 

Satoshiat 21:51コメント(2)トラックバック(0) 

April 30, 2017

また3点差を逆転し、今シーズン7度目の逆転勝利。

0-3の4回、リゾが2ラン。
5回に追加点を入れられ再度2点差とされたものの、
6回、二塁打のブライアントがパスボールで三進し
ゾブリストの内野ゴロで生還。これで3-4。

そして7回に逆転。
まずモンテーロが同点のソロを放つ。
モンテーロは現在7試合連続安打中で、打率.394。
今年は好調なスタートを切った。

一死後、ジェイ二塁打の後、
昨日から8打数1安打、6三振とさっぱりだったシュウォーバーが
センター前に落ちるタイムリー。これで5-4。
続くブライアント四球でなお一死一二塁。
リゾは一塁ゴロで併殺コース。
しかし、ブライアントは二塁封殺だったものの、
ボガーツの一塁送球が悪送球になり
この間にシュウォーバーが生還。6-4とした。

Satoshiat 19:48コメント(3)トラックバック(0) 

April 29, 2017

打線は10残塁のうえ今シーズンワーストの14三振。
投げてはアリエタが5失点で敗戦。

初回、いきなりアリエタがつかまる。
一死からベニンテンディにソロを打たれると、
続くベッツ二塁打、ラミレスにタイムリーを打たれ逆転される。
さらにここから、ワイルドピッチ、モアランドタイムリー二塁打、
またワイルドピッチ、ペドロイア四球、
ブラッドリーとヴァスケスに連続タイムリー。一気に5失点。

結局この5点に追いつけず、いわば初回がすべてった。
アリエタは4回1/3でKO。5イニング未満で交代したのは14年8月28日以来だ。
恐るべしレッドソックス打線。

一方打線はといえば、走者は出すも点が取れずといういつものパターン。
現在ナ・リーグでカブスより残塁が多いのはドジャースだけ。
決定打が出ず今一つ攻めきれない試合が多い印象。


●インターリーグ年度別成績
97年 9勝6敗 
98 5勝8敗
99 6勝9敗
00 8勝7敗
01 9勝6敗
02 6勝6敗
03 9勝9敗
04 8勝4敗
05 6勝9敗
06 4勝11敗
07 8勝4敗
08 6勝9敗
09 6勝9敗
10 8勝10敗
11 5勝10敗
12 5勝10敗
13 13勝7敗
14 9勝11敗
15 10勝10敗
16 15勝5敗
17 0勝1敗
通算155勝161敗

対レッドソックス
05年 2勝1敗
11 1勝2敗
12 1勝2敗
14 3勝0敗
17 0勝1敗
通算7勝6敗

Satoshiat 17:59コメント(0)トラックバック(0) 

April 23, 2017

長打攻勢で、荒れた試合を制した。
12点のうち6点は四死球で出塁した走者が生還と、
レッズ投手陣の制球難にも助けられた。

初回、ヴォットに3ラン、スアレスにソロを浴び3-4とされるも、
2回に逆転する。
ブライアント二塁打、リゾとラッセルが四球で満塁とすると、
コントレラスが自身初となる満塁ホームラン。7-4。

5回はヘイワード四球の後アリエタがタイムリー三塁打。8-5。
さらに6回は、リゾ二塁打コントレラス死球の後ヘイワードが3ラン。
11-5と突き放した。
ちなみにヘイワードは9回にもタイムリーを放ち
自己最多タイの1試合4打点。今シーズンは打撃好調だ。

アリエタは立ち上がりの2回で6安打5失点という出来だったものの
その後復調。残り4イニングを無失点、シングルヒット2本に抑え
試合を作った。

Satoshiat 21:11コメント(4)トラックバック(0) 

April 22, 2017

イライアスによると、3試合連続で3点差以上を逆転しての勝利は
1929年7月24日〜26日以来だという。

18日のブルワーズ戦では0-5から逆転、
19日は、1-4から追いつき最後はラッセルのサヨナラ3ラン、
そして今日も3点差を逆転した。
その前はパイレーツにスウィープされるなど4連敗し、
いいところが無かったのだが・・・ただ驚くばかり。

6〜8回だけで残塁6。
チャンスを逃し続けていたが、2-5の9回に追いつく。
代打モンテーロ安打、シュウォーバー二塁打で一死二三塁。
ブライアントが倒れ二死となるも、
ここでリゾが起死回生の同点3ランを放つ。5-5。

そして11回、アルモラ四球シュウォーバー安打で一三塁とすると、
ブライアントが犠牲フライ。アルモラがうまく滑り込んでこれが決勝点。

リリーフ陣が5回1/3を1安打無失点と好投し、追加点を許さなかったのも勝因。
なおエドワーズは通算48試合目でメジャー初勝利。

Satoshiat 21:44コメント(0)トラックバック(0) 

April 16, 2017

痛恨の逆転負け。4点差を逆転された。
ブライアント2本塁打、ラッセル3打点と打撃陣は打ったが、
リリーフが打たれた。

初回の4得点をはじめ3回までに6-2とリード。
勝てると思ったが、やはり甘くはない。
4本もホームランを打たれてはなあ。

まず6回、マーテにソロを浴びる。
7回、ハリソンにソロを打たれ6-4。
続くハンソンに安打と盗塁で二進され、
フレイジャーにタイムリーを打たれる。6-5。
さらにマーテに四球を出し一二塁とすると
マッカチェンに逆転3ランを打たれた。

9回にブライアントがソロを放つも、一歩及ばず。

Satoshiat 21:47コメント(2)トラックバック(0) 

April 15, 2017

Brian Matthew Duensing
投手・左投げ左打ち
83年カンザス州生まれ
05年ドラフト3位でツインズ入団
16年12月にFAでオリオールズからカブスに移籍
今季年俸 200万ドル
年度別成績

オリオールズから移籍。
92マイルくらいの速球とスライダー、カーブ、チェンジアップが持ち球。
12〜15年の登板数245は同期間のア・リーグ左投手の中で3位と、
ツインズ時代は大忙しだった左のリリーフ。

昨年はロイヤルズ傘下で開幕を迎えたが、
メジャーでの出番なく5月に退団。
オリオールズに移籍したものの、これまでの登板過多が祟ったのか
6月に左ひじを手術。9月に復帰しプレーオフにも登板したが、
結局シーズンでは14試合の登板にとどまった。

ただ、今年が本格的な復帰になると考えれば
まだ戦力として期待できそうだ。
左打者に強く、対左の通算成績は被安打率.236、1四球あたりの奪三振は3.72。
そして左に打たれた本塁打はメジャー8年で10本だけと素晴らしい。
主にワンポイントリリーフで起用されそうだ。

活躍すればファンから応援してもらえるだろう。
自身リグレーでの登板歴は一度もなし。
その熱狂ぶりに驚くのではないか。

ちなみに、北京五輪の米国代表。
カブス(にいた)選手には北京五輪代表が多い。
ダンシングの他に、アンダーソン、アリエタ、ケイヒル、
スティーヴンス、ウェザーズ(カブスでの登板は無し)、
ティーガーデン、ファウラー、シャーホルツ。


●個人タイトル・記録など
*北京五輪米国代表(08年)

Satoshiat 21:30コメント(0)トラックバック(0) 
今シーズン4敗のうち2敗はサヨナラ、1敗は完封負け、
今日は2点差で負け。4試合全て2点差以内の接戦を落としている。
接戦に弱いとみるか惨敗していないのが素晴らしいとみるか。
私は後者。勝率6割なら上出来。

ただ今日の打線は11残塁。
8回、9回共に二死満塁のチャンスをつかんだが、どちらもものにできず。
打撃陣のエンジンはまだかかっていない印象だ。

ゾブリストとシュウォーバーのタイムリーで
2-1とリードしていたが、逆転を許す。
6回、連打で無死一三塁にするとフリーズに同点タイムリー、
続くサーヴェリに2点タイムリー二塁打を打たれた。

なおヘンドリクスがパイレーツに負けるのは15年4月以来。

●入れ替え。エドワーズを一時離脱リストに登録し
代わりにダンシングを故障者リストから登録。

Satoshiat 21:26コメント(0)トラックバック(0) 

April 13, 2017




Satoshiat 22:39コメント(0)トラックバック(0) 

April 11, 2017



Satoshiat 23:10コメント(2)トラックバック(0) 

April 09, 2017

先発全員安打と打線爆発。

同点追いつかれた直後の5回に勝ち越す。
ラッセル二塁打、バエズ敬遠、ワイルドピッチで二死二三塁。
ここでヘンドリクスは投手前のゴロだったものの、
高くバウンドしたのが幸いしタイムリー内野安打になる。

今日は17安打と打線が良く打ったが、投手が打った弱い打球が
決勝点になるところが面白い。
続くアルモラもラッキーなタイムリー(ヴィヤーのエラー?)で追加点。
6-4とする。

7回は、内野安打のバエズがパスボールで二進すると、
またアルモラのタイムリー。7点目。
8回にもバエズとコントレラスがそれぞれ2点タイムリー。
4点を入れてダメ押し。

Satoshiat 19:35コメント(2)トラックバック(0) 

April 08, 2017

11回、安打と四死球で一死満塁とすると
最後はワイルドピッチであっけない幕切れ。

やはり今日は打線。
6安打7四死球と一応走者は出したが、得点はゾブリストのソロだけ。
最後の5イニングで併殺打3つ(10回は一死満塁だった)と
チャンスを生かせず。攻略できそうでできなかった。

明るい話題といえば、先発アンダーソン。
5回2/3を5安打1失点と、失礼だが当初の予想より良いピッチング。
今シーズン期待するに足る内容だったと思う。

それと、ヘイワードと衝突して退場したバエズが軽傷で済んだのは何より。
昨年のシュウォーバーの事があるので一瞬ヒヤリとしたが。

Satoshiat 21:01コメント(0)トラックバック(0) 
Archives
Recent Comments