July 17, 2017

7/16@BAL 8-0で勝利 Game91(W,46-45)

キンターナが非の打ちどころのない投球で
カブスでのデビュー戦を飾った。

7回を無失点。
打たれた安打はわずか3本で、四死球ゼロ。
そして奪三振は自己最多にあと1と迫る12個。
なお12三振はマット・ガーザに並ぶカブスデビュー戦での最多記録。
終始ストライクが先行する安定した内容で
変化球も素晴らしかった。

さすがに毎試合無失点という訳にはいかないだろうが、
7回を投げてくれればチームは助かる。

今日は打線の援護も十分。
2回、ハップの2点タイムリー二塁打で先制すると、
ヘイワードとゾブリストのタイムリーで4点を入れる。
さらに4回はブライアントの2ラン、9回はリゾの2ラン。

この3連戦で合計27得点41安打10本塁打と打撃陣がよく打った。
オリオールズ投手陣が不振なだけなのか
それともカブス打線が調子を取り戻したのか
あるいはキンターナ効果なのか。

Satoshiat 18:47コメント(2) 
シカゴ・カブス 

コメント一覧

1. Posted by ukon   July 18, 2017 07:31
おはようございます。よく打ちましたね。
これが続けば自ずと貯金も増えてくるのでしょう。
期待したいです。
キンタナ、いいですね。
2. Posted by Satoshi   July 18, 2017 22:29
こんばんはukonさん

0点では勝てません。やはり点を取らねば。
前半戦不振だった分も打って欲しいですね。

ヘンドリクスもラッキーも戻ってきますし、
投手陣も調子を上げますかね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
Recent Comments