May 03, 2017

5/2vsPHI 8-3で勝利 Game26(W,14-12)

またも初回に先制を許すも、今日は逆転勝利。

2-2の4回に勝ち越し。
二死無走者からレスターが安打で出塁。
バエズも安打を放つと、シュウォーバーが3ランを放ち、5-2。
さらにブライアント三塁打、リゾ死球と続き
ゾブリストがタイムリー二塁打。6-2。

5回にも、2四球の後バエズの2点タイムリー三塁打で追加点。
昨日ホームランのバエズは、今日もホームラン含め4安打。
もし二塁打が出ていればサイクルヒットだった。
シュウォーバー、バエズの2人が打つとやはり怖い打線だ。
そろそろ調子は上がるのか。

レスターは5回で降板も、打線の援護で今季初勝利。
リグレーではこれで自身10連勝。
リリーフ陣が残り4イニングをパーフェクトに抑えたのも大きかった。
ちなみにエドワーズ、ロンドン、デイヴィスの3人合計で
33回2/3を投げ自責点1と完璧だ。

Satoshiat 18:50コメント(2)トラックバック(0) 
シカゴ・カブス 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ukon   May 04, 2017 09:58
こんにちはSatoshiさん。シュワーバーの不安を書いた途端に打ってくれてホッとしました。
やっぱり長打力は捨てがたいですね。
例年になくナ・リーグ中地区が競っているので面白いと言えば面白いですね。
2. Posted by Satoshi   May 04, 2017 20:46
こんばんはukonさん

シュウォーバーにはukonさんの声が聞こえたのかもしれません(笑)。
去年は試合に出てないですからねえ。
これから調子をあげてくれればいいんですけど。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
Recent Comments