March 25, 2017

ダラス・グリーンが亡くなる

81年から87年までGMを務めたダラス・グリーンが亡くなる。82歳。→こちら

シカゴトリビューンのポール・サリヴァンは、
80年代のダラス・グリーンほどカブスを変えた人はいないと言っているが、
確かにその通り。
何といってもライン・サンドバーグをトレードで獲得したのが最大の功績。
さらにリック・サトクリフ、ラリー・ボーワ、ゲーリー・マシューズ、
ボブ・ダーニア、キース・モアランド、ロン・セイ、
デニス・エカーズリーらをトレードで獲得、
84年の地区優勝チームを築きあげた。
なおカブスがプレーオフに出たのは39年ぶりの事だった。

またスカウトを整備し、グレッグ・マダックス、マーク・グレース、
ジョー・ジラーディ、ショーン・ダンストン、ジェローム・ウォルトン、
ドワイト・スミスら89年地区優勝の主力となる選手たちをドラフトで指名した。
カブスでは活躍できなかったが、ジェイミー・モイヤーや
ラファエル・パルメイロもそう。
それから、FAでアンドレ・ドーソンを獲得した事も忘れてはならない。

80年代の2度の地区優勝はグリーンのおかげ。
87年に解任されてしまったが、この選手達の顔ぶれを見ると、
グリーンの在職がもっと長ければ
カブスはもう少し早く優勝できたのではないかと思う。

●ロースターカット。
ジェイク・ブキャナン、ジェイマー・キャンデラリオ、
アレック・ミルズをトリプルA、
ウィリアムス・ペレス、ディラン・フローロ、
デイヴィッド・ロリンズをマイナーキャンプへ。ジム・ヘンダーソンを解雇。
残りは36人。

●開幕ローテーションが発表された。
レスター、アリエタ、ラッキー、アンダーソン、ヘンドリクスの順。
これによりモンゴメリーはブルペンに回る。
昨年防御率1位のヘンドリクスが5番手。贅沢だなあ。

●2012〜13年にカブスでプレーしたデイヴィッド・デヘイススが引退し、
CNSシカゴのカブス解説者に転身

ちなみにデヘイススの奥さんは大のカブスファンで、
子供の頃サンドバーグのポスターを部屋に張っていたらしい。

Satoshiat 20:28コメント(0)トラックバック(0) 
シカゴ・カブス 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
Recent Comments