April 02, 2017

70 ジョー・マドン Joe Maddon

Joseph Joe Maddon
54年ペンシルバニア州生まれ
14年11月に就任
今季年俸 600万ドル
現役時代はメジャー出場なし
以前の名鑑(2016年

カブスをワールドシリーズ優勝に導いた名将。

ただ、ここ100年誰も成し遂げられなかった偉業を
達成したにもかかわらず、最優秀監督賞は受賞できなかった。
これはひとえにプレーオフが始まる前に
既に記者投票が終わっているという
現行システムのせいにほかならない。
プレーオフが対象外なのは納得がいかない・・・
まあ、ロバーツにケチをつけるわけではないし、
受賞できなかったとしてもマドンの功績はいささかも変わりないが。

プレーオフでの投手采配は批判されたし、
そもそもカブスが勝ったのはフロントの選手育成や
補強が成功したからという見方もあるが、
戦力を最大限に生かしたのはやはりマドンの功績ではないか。

昨年は、ブライアントやバエズ、コントレラスなど、
より多くの選手に複数のポジションを守らせたのが特徴的だった。
これほどレギュラーが守備位置を変えるチームは他になく、
カブス球団史でもおそらく初めてだろう。
調子や相手投手との相性に合わせ様々な打線の組み合わせが可能で、
打撃陣が好調を維持できたのもこれによるところが大きい。
ラステラはカブスに来てプロ入り後初めて三塁を守ったというし、
そもそも「本家」ゾブリストも、レイズ時代にマドンに見いだされ
ユーティリティになったという経緯もある。

戦い方を固定しないのが采配面での特徴。
レイズ時代はスモールボール志向という話で代打起用数もリーグ最多だったが、
カブスでは代打はそう多くないし、バントも盗塁も少ない
(皮肉なことにカブスでは年間最少バント数の球団記録を作った)。
一昨年は8番投手の打線を組んだが、選手の顔ぶれを考えた末
非効率に気づいて1年で止め、今は9番投手で2番に強打者を置く打線。
またかつては頻繁に極端な守備シフトを敷いていたが、
投手陣の能力を考えれば従来の守備位置でも効果的、という
研究結果が出ればシフトも少なくしたり。
選手やデータに合わせ柔軟に戦術を考えているとみられる。

今年は昨年とはまた違いそう。どのような戦い方をするのか見ものだ。

なお、ワールドシリーズ優勝により残り3年間の年俸は600万ドルになる。
監督としてはソーシア、ボウチーと並んで球界最高額である。


14年11月に5年2500万ドルでカブスと契約
●契約の内訳
年俸
15年 500万ドル
16年 500万ドル
17年 500万ドル
18年 500万ドル
19年 500万ドル

●コーチ歴
1981 R監督(CAL傘下)
1982〜83 A-監督(CAL傘下)
1984 A監督(CAL傘下)
1985〜86 AA監督(CAL傘下)
1987〜93 マイナー巡回打撃コーチ(CAL傘下)
1992〜93 マイナー統括(CAL傘下)
1994 育成部長(CAL傘下)
1994 ブルペンコーチ(CAL)
1995 一塁コーチ(CAL)
1996〜2005 ベンチコーチ、一塁コーチ、代理監督(CAL、ANA、LAA)
2006〜14 監督(TB)
2015〜 監督(CHC)

●監督成績 
1996年 CAL 8勝14敗 .364 ※代理監督
99 ANA 19勝10敗 .655 ※代理監督
2006 TB 61勝101敗 .377 5位
07 TB 66勝96敗 .407 5位
08 TB 97勝65敗 .599 1位
09 TB 84勝78敗 .519 3位
10 TB 96勝66敗 .593 1位
11 TB 91勝71敗 .562 2位
12 TB 90勝72敗 .556 3位
13 TB 92勝71敗 .564 2位
14 TB 77勝85敗 .475 4位
15 CHC 97勝65敗 .599 3位
16 CHC 103勝58敗 .640 1位
通算 981勝852敗 勝率.535

ポストシーズン 
08 ALDS 3勝1敗 vsCHW
08 ALCS 4勝3敗 vsBOS
08 WS 1勝4敗 vsPHI
10 ALDS 2勝3敗 vsTEX
11 ALDS 1勝3敗 vsTEX
13 ALWC 1勝0敗 vsCLE
13 ALDS 1勝3敗 vsBOS
15 NLWC 1勝0敗 vsPIT
15 NLDS 3勝1敗 vsSTL
15 NLCS 0勝4敗 vsNYM
16 NLDS 3勝1敗 vsSF
16 NLCS 4勝2敗 vsLAD
16 WS 4勝3敗 vsCLE
通算 28勝28敗 勝率.500


●個人タイトル・記録など
*就任1年目で97勝はカブス監督史上最多(15年)
*NL Manager of the Year(BBWAA)(15年)
*Manager of the Year(Baseball America)(11年、15年)
*AL Manager of the Year(BBWAA)(08年、11年)
*AL Manager of the Year(Sporting News)(08年、11年)

Satoshiat 21:05コメント(0)トラックバック(0) 
シカゴ・カブス 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
Recent Comments