April 03, 2016

49 ジェイク・アリエタ Jake Arrieta

Jacob Joseph Arrieta
投手・右投げ右打ち
86年ミズーリ州生まれ
07年ドラフト5位でオリオールズ入団
13年7月にトレードでオリオールズからカブスに移籍
今季年俸 1070万ドル
年度別成績
以前の名鑑(2013年、2014年、2015年)

球団史に残る成績を残した投手。
詳しくは下記の個人タイトル・記録欄を参照のこと。問答無用。
もっとあるかもしれないが、とりあえず把握しているものを記載。

ワイルドカードゲームでもパイレーツを完封。
彼がいなければカブスもここまで躍進できなかったのではないか。
まさに神様仏様アリエタ様と言うに相応しい活躍だった。

今年も昨年のような活躍を、というのは酷かもしれないが、
200イニング投げてくれればおのずとそれなりの成績は残るだろう。
今年も順調なら長期契約の話が出るのは間違いない。

ただし、シーズンの疲労のせいでポストシーズンでは打たれた。
今年気をつけるとすればそのあたりか。


●個人タイトル・記録など
*NL Cy Young Award(15年)
*勝利数メジャー1位(15年22)
*先発登板数ナ・リーグ1位(15年33)
*完投数メジャー1位(15年4)
*完封数メジャー1位(15年3)
*ロード勝利数メジャー1位(15年13)
*ロード防御率メジャー1位(15年1.60)
*ホーム防御率メジャー1位(14年1.46)
*被安打率メジャー1位(15年.185)
*被長打率メジャー1位(15年.271)
*被OPSメジャー1位(15年.507)
*オールスター後の防御率0.75はメジャー史上1位(15年)
*ノーヒットノーランを達成(15年8/30@LAD)
*8月1日からシーズン終了までの期間の防御率0.41は、防御率が公式記録になった1913年以降でメジャー史上1位(15年)
*20試合連続クオリティスタートでシーズン終了、はメジャー史上初(15年)
*22勝以上+6敗以下+防御率2.00以下は、1913年以降ではメジャー史上5人目(15年)
*年22勝は、カブスでは1971年のファーガソン・ジェンキンス以来(15年)
*防御率1.77以下は、カブスでは1919年のグローヴァー・アレキサンダー以来(15年)
*奪三振200以上で被本塁打10以下は、カブスでは1909年のオーヴィー・オーヴァーオール以来(15年)
*年間ロード勝率.923は15先発以上では球団最高記録(15年)
*ロードで13勝は、カブスでは1964年のラリー・ジャクソン以来(15年)
*3完封は、カブスでは1992年のグレッグ・マダックス以来(15年)
*ロードで、4安打以下+7奪三振以上+無四球で完封は1984年のリック・サトクリフ以来(15年6/21)
*インターリーグで完投勝利+自ら本塁打を放つのは1997年のデニー・ネイグル(ATL)以来史上2人目(15年7/12)
*リグレーで40回2/3連続無失点は、1914年の球場開場以来最長(15年7/25〜)
*月間6勝かつ防御率0.75以下は、1974年9月のジム・カット(CHW)以来(15年8月)
*11連勝でレギュラーシーズンを終えるのはカブスでは1984年のリック・サトクリフ以来(15年8/4〜)
*5試合連続で8イニング以上+自責点1以下は1997年のロジャー・クレメンス以来(15年8/30〜9/22)
*2か月連続で月間最優秀投手を受賞したのは、カブスでは03年のマーク・プライアー以来(15年8月~9月)
*ポストシーズンで10奪三振以上+無四球での完封はメジャー初(15年WC)
*ポストシーズンの完封勝利は、カブスでは1945年のクロード・パソー以来(15年WC)
*ポストシーズンで1試合11奪三振は球団最多タイ記録(15年WC)
*Best Starting Pitcher-Esurance MLB Awards(15年)
*Best Breakout Player-Esurance MLB Awards(15年)
*7回までノーヒット試合を年3度は、1950年以降では球団初(14年)。
*北京五輪米国代表(08年)

Satoshiat 22:19コメント(0)トラックバック(0) 
シカゴ・カブス 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
Recent Comments