October 03, 2012

グリーンバーグ

メッツ対マーリンズとの試合で、アダム・グリーンバーグが出場した。

動画は→こちら

出るのであればカブスの選手として出場してほしいとも思ったが、
40人枠の選手が代わりに一人犠牲になってしまうので
球団としてはさすがに躊躇したのかもしれない
(マーリンズは故障中の選手を60日間のDLに移して
グリーンバーグの枠を空けたらしい)。

メジャー昇格できず夢破れた選手はそれこそ星の数ほどいる中で
グリーンバーグだけ特別というのもどうかと思うが、
これはこれでよかったのかなあ。
ともかくよく耐えて頑張った。
少なくとも本人とカブスファンは吹っ切れただろう。

デビュー戦から7年と85日かかった初打数。
おめでとうグリーンバーグ。

Satoshiat 20:41コメント(3)トラックバック(0) 
シカゴ・カブス | 大リーグ

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by cozy   October 04, 2012 01:26
見事な三振だったけど、見ていて気持ちよかった。
どうせなら同じく1日だけの契約で良いからカブスでリグレーで打席に立たせてあげたかった。
もはや残り2試合であれば順位も個人成績も関係なかったはず。
カブスはオイシイところをマーリンズに持っていかれた。
とはいえマーリンズの粋なはからいに拍手。
2. Posted by てれっとテレキャス   October 04, 2012 06:42

出来ればヒットを打って欲しかったけど、
三球三振ですっきりした打席でした。

アナウンサーも言ってましたけど、
三振して笑顔を浮かべられるのはアダムだけだろうと。

あれから7年も経つんですね。
3. Posted by Satoshi   October 04, 2012 19:40
こんばんはみなさん。

打数1を記録するのにこれほど注目された選手もいないでしょうね。

実力で昇格して欲しかった部分もありましたけど、
まあ形はともかく、最終的にはこれでよかったのかなと。
彼が打席に立った時、やはり当時を思い出しました。
7年は長かったですねえ。

カブスは40人枠が一杯でしたから仕方なかったですかね。
そのくせ使えないピッチャーばかりでしたけど。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
Recent Comments