September 11, 2008

かろうじて勝利 Game145(W,87-58)

4-3で勝利

0-1の2回に逆転。
ます、福留、デローサ、ピエイの3連続シングルで同点。
続くリリーは捕手前のバント。モリーナが三塁へ送球も
三塁ロペスの足がベースから離れ、セーフとなり無死満塁。
ソリアーノは三塁ゴロも、ロペスが二塁に悪送球。
これで2人が還り逆転。その後一死一二塁となり
ラミレスがタイムリーを放ち、4-1。

リリーは見事。
初回、安打のイズトゥリスを
ボークと外野フライで三進させ
プホルスの内野ゴロで1点を取られただけ。
5回以降安打を許さず、8回を投げ5安打無四球に抑えた。
走塁でも果敢にモリーナに体当たりするなど、
闘志むき出し(怪我をしなくて良かった)。
今チームの調子は悪いが、こういった
気合いの入ったプレーが続けば状況も好転するはずだ。

9回ウッドが、ラドウィックに2ランを打たれ
4-3と1点差にされたものの、今日は何とか抑えた。

ただ、カブス打線は5回以降安打が出なかった。
調子は上がってこない。

現在の順位表。マジックは13。
CHC 87-58 .600 -
MIL 83-63 .568 4.5
HOU 79-67 .541 8.5

Satoshiat 18:24コメント(0)トラックバック(0) 
シカゴ・カブス 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
Recent Comments