April 03, 2006

31 グレッグ・マダックス Greg Maddux

球史に残る偉大な投手。

サイ・ヤングを上回る前人未到の
17年連続15勝をはじめ、
通算318勝、3052奪三振、
サイ・ヤング賞4度、オールスター選出8回、
歴代2位のゴールドグラブ15回受賞、
最多勝3回、最優秀防御率4回。
また通算3000奪三振でかつ四球1000以下なのは
史上ファーガソン・ジェンキンス(殿堂入り。元カブス)
とマダックスだけだ。
将来の野球殿堂入りは間違いない。

しかし39歳になった昨年は、
さすがに衰えを隠せず、連続15勝の記録が
ストップしたのみならず、13勝15敗と
自身1987年以降初めて負け越してしまった。
防御率も4.24と86年以来の悪さ。
球威がなくなり、甘い球を次々とスタンドに
運ばれる場面が目についた。
その不振ぶりに、ベイカー監督でさえ
「マダックスは引退かも」と口にしたほどだ。
マダックス本人はそれを否定し
今年もプレーすることになったが、
今シーズンで契約も切れることから、
成績次第では今年がラストイヤーになる可能性もある。

正確無比のコントロールと、ボールの
スピードを変化させることにかけては
超一流の技巧派。
彼が現役のうちにカブスの若手投手は
彼から多くを学ぶべきだ。

92年オフにFAになったとき、
カブスは彼を引き止めなかったため
ブレーブスに移籍されてしまったことは
カブスの球団史に残る汚点であるといえる。

84年ドラフト2位で入団。
66年テキサス州生まれ。

年度別成績はこちら

→2006年7月にトレードでドジャースに移籍

Satoshiat 02:35コメント(0)トラックバック(0) 
シカゴ・カブス 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
Recent Comments