April 03, 2006

ジム・ヘンドリー Jim Hendry

カブスの球団副社長兼ゼネラルマネージャー。
チーム編成の総責任者である。

大学の野球部コーチから92年にマーリンズ入り。
そこでマイナーの監督やスカウトを務めたあと、
94年11月にカブスにやってきて今年で12年目。

育成部門やスカウト部門を歴任し、GM補佐、
と順調に階段を上り、02年7月
当時社長とGMを兼任していた
マクフェイルにかわってGMに就任した。

既に00年の時点で副GMに任命されるなど、
早くからその才能が認められていたため、
就任は時間の問題と言われていた。

トレードが上手いという印象をうける。
グルジラネック、キャロス、ロフトン、
ミラーらをただ同然で獲得
(交換相手はハンドリーとか
ハーマンセンとかヘルナンデスだった)し、
03年にチームを地区優勝に導いたのをはじめ、
現在の主力でいえば、ラミレス、リー、バレット、
ヘアストン、ウィリアムス、ノボア、マートン、
そして昨シーズンオフにはピエール、
と、次々とトレードで獲得し成果を挙げている。

また他球団を解雇された、ラッシュ、デンプスター、
ペレスらを拾ってきて戦力としたあたりも
賞賛に値する。

ただFAの投手に限っては、エステス、ビアーズ、
レムリンジャー、ホーキンスと不運が続く。
オフに獲得したハウリーとエアーが
期待にこたえられるか注目されるところだ。

チーム編成は、統計重視のマネーボールではなく、
ゲーリー・ヒューズが腹心にいることでもわかるとおり、
どちらかというと昔ながらのスカウティングで
選手を集めている感じである。
ただ近年は数人のホームランバッター中心の
大味な攻撃野球になっており、
守備重視のベイカー監督の采配の特徴とやや
そぐわない選手構成になっている。
その辺は修正が必要な点かもしれない。

GM就任後のチームの通算成績は289勝276敗。
55年フロリダ州生まれ。

→11年8月に解雇

Satoshiat 03:19コメント(0)トラックバック(0) 
シカゴ・カブス 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
Recent Comments