June 16, 2005

リッチ・ヒルがメジャーデビュー。

25歳の左投手。
ミシガン大から02年のドラフト4位で入団。
02年にカブスにドラフト指名された選手の中で
一番乗りでメジャー昇格を決めた。

スピードはさほどでもないが、カーブがすばらしい。
それもバリー・ジトのような
いわゆる12to6の大きなカーブである。

「ベースボールアメリカ」からも、
カブスのマイナー選手の中では
最高のカーブと評価された。

マイナーの打者ではこのカーブは打てないらしく、
三振を取りまくっている。
03年にはシングルAの
ノースウェストリーグで奪三振王。
今年はダブルAとトリプルAで合計
761/3回を投げ119奪三振。
9イニングあたり14個という高い奪三振率を誇る。
マイナー通算でも2971/3回で416奪三振。
9回あたり13個。

期待の若手という言葉はあまり使いたくないのだが。
今までさんざん「期待の若手」とやらに
裏切られてきたので。
たとえばかつてスコットやオリーは
「サント二世」といわれ、
アダムスは将来のクローザーといわれ、
ブラウンはグレースの後継者といわれ。
ボスキー、ハーキー、キーシュニック、メイ・・・。
みんな期待は大きかったが結局ダメだった。

ましてそれが左投手ならなおさらだ。
何しろカブスのマイナー出身でかつカブスで
シーズン10勝以上した左投手は、
1987年のモイヤーが最後なのだ。

しかし、ヒルは今までのカブスの左腕とは違うかも。
あのカーブを見たら誰だってそう思うはずだ。

期待の若手と呼べるかもしれない・・・。

もしかしたらもしかするかも。

June 15, 2005

14ー0で圧勝。
打線がよく打ったのだが、
今日の主役は先発のミトレイ。
5安打無四球で自身初の完封勝利。
試合後、チームメイトから
シェービングクリームのパイを
顔面にやられるという手荒な祝福を受けた。

シンカーを低めに集め、ゴロを打たせてとる見事な投球。
99球のうちストライク73球とコントロール抜群。
ほとんどボールが高めにいかなかった。
前回のブルージェイズ戦とあわせて16回連続無失点。

この投球はまぐれなのか、それとも脱皮したのか。
ともあれマイナー行きは免れた模様。

June 14, 2005

コロンカが打たれ1−9で惨敗。
コロンカはこれで1勝2敗、防御率7.63と
ひどい成績だ。マイナー落ちかも。

真っ直ぐも90マイルくらいだし、
カーブ、チェンジアップもそこそこだ。
なにか決め球を磨かねば厳しい。

中継ぎ陣がとにかく打たれる。
ボロウスキー、バートシュ、レムリンジャー。
何とかならないのか。

June 13, 2005

17安打を打たれ1−8で負け。

初回ユーキリスのソロで先制されると
一度も追いつけず。
打線はウェイクフィールドに手も足も出ず、
わずか5安打に抑えられた。

まあ昨年のチャンピオン相手に
3連戦を2勝1敗なら上出来か。

というより、レッドソックスより
ヤンキースのほうが怖い。
この後に控えるヤンキース戦が心配だ。


June 12, 2005

ニクソンの3ランとミラーのソロで
4点をリードされたが、すぐに反撃。

2回に5連打などで3点を返すと、
4回、ウォーカーが三塁の場面で
ホランズワースが内野ゴロで同点。
6回にブランコの犠牲フライで勝ち越した。

9回に1点差とされたがデンプスターが
抑えて逃げ切った。

1〜3番にヒットが出なかったものの
他の打者が12安打とよく打った。
6月はここまでチーム打率.332と
よく打っている。

June 11, 2005

1918年にワールドシリーズ以来の
カブス対レッドソックス戦。
リグレーで3連戦。

第1戦は、今年は防御率が今ひとつな
レッドソックス投手陣から20安打を放ち
14−6で快勝。

2回にバーニッツのソロで先制。
さらにホランズワースも2ランで3点目。
3回には5安打を集中し4点を追加。
アローヨ、エンブリー、ハラマを
次々と打ち込んだ。
マダックスまで自身6年ぶりの
ホームランを放つおまけつき。


June 09, 2005

今シーズンすでに9勝をあげている
ハラデーと、ミトレイの対戦。
ミスマッチかと思われたが、
何とミトレイに軍配。

7回を無失点、被安打わずか2と
素晴らしい投球を披露し今シーズン
初勝利。打っては自ら先制の
ツーベースを放つなど大活躍だった。

予想外の勝利でスイープを免れた。

June 08, 2005

過去のカブスのドラフト1順目指名選手(1965〜)
赤字はメジャーリーグで活躍した選手
(私の独断と偏見による)。
わかる選手については消息も

65 リック・ジェームス(P) メジャーでの登板は3試合のみ。
66 ディーン・バーク(P) トリプルAより上に上がれず。
67 テリー・ヒューズ(SS) メジャーでは3年のみ。
68 ラルフ・リッキー(OF) メジャーに昇格できず。
69 ロジャー・メッツガー(SS)  放出先のアストロズでゴールドグラブ受賞。 
70 ジーン・ハイザー(OF) メジャーで5年、206試合に出場。
71 ジェフ・ウェーマイヤー(P) メジャーに昇格できず。
72 ブライアン・バーノイ(P) メジャーに昇格できず。
73 ジェリー・タッブ(1B) メジャーに昇格できず。
74 スコット・トンプソン(OF) メジャーで626試合に出場。
75 ブライアン・ロジンスキー(OF) メジャーに昇格できず。
76 ハーマン・セゲルク(P) メジャーに昇格できず。
77 ランディー・マーツ(P) メジャーで17勝19敗。
78 ビル・ヘイズ(C) メジャーで5試合のみ。
79 ジョン・パールマン(P) メジャーで1勝のみ。
80 ドン・シュルジー(P) メジャーで15勝。オリックスにいなかったっけ?
81 ジョー・カーター(OF) インディアンスに放出。メジャーで2184安打。
81 バンス・ラブラス(P) メジャーでは9試合のみ。
82 ショーン・ダンストン(SS) メジャーで18年プレー。
82 トニー・ウッズ(IF) メジャーに昇格できず。
82 スタン・ボデリック(OF) メジャーに昇格できず。
83 ジャッキー・デビッドソン(P) トリプルAより上に上がれず。
84 ドリュー・ホール(P) メジャーで9勝。
85 ラファエル・パルメイロ(OF) 3000本安打達成までもうすぐ
85 デーブ・マスターズ(P) メジャーに昇格できず。
86 デリック・メイ(OF) メジャーで797試合に出場。ロッテでもプレー。
87 マイク・ハーキー(P) メジャーで36勝。
88 タイ・グリフィン(2B) ダブルAより上に上がれず。
89 アール・カニンガム(OF) シングルAより上に上がれず。
90 ランス・ディクソン(P) メジャーでは3試合のみ。  
91 ダグ・グランビル(OF) 放出先のフィリーズで活躍。メジャーでは1115試合に出場。
92 デレック・ウォラス(P) メジャーでは2年。
93 ブルックス・キーシュニック(OF) 投手として復活かと思ったが。
93 ジョン・ラトリフ(P) メジャーでの登板は1試合のみ。
94 ジェイソン・ピーターソン(P) メジャーに昇格できず。
95 ケリー・ウッド(P) 94年カブス最下位のおかげで指名できた。
96 トッド・ノエル(P) メジャーに昇格できず。
97 ジョン・ガーランド(P)  98年トレードでホワイトソックスに放出(泣)。
98 コリー・パターソン(OF) 一応レギュラーだが・・・。
99 ベン・クリスチャンセン(P) ダブルAより上に上がれず、去年解雇された。
00 ルイス・モンタニェス(SS) マイナーで外野に転向した模様。
01 マーク・プライアー(P) 期待以上の活躍。
02 ボビー・ブラウンリー(P) トリプルAに在籍中
03 ライアン・ハービー(OF)シングルAに在籍中
04 グラント・ジョンソン(P)*2位指名 シングルAに在籍中
05 マーク・ポーレク(P)

カブスのドラフトの歴史は、失敗の歴史でもある。
こうしてみると、メジャーで活躍した選手の少ないこと
(それだけメジャーは厳しいとも言えるが)。
まあ最近ウッドとかパターソンとかプライアーとか
少しはましになったが、昔のひどさといったら。
今後はいい選手がとれますように・・・。

今年のカブスのドラフト1位指名は、
マーク・ポーレク(Mark Pawelek)。
18歳の左投手。
ユタ州スプリングビル高校出身。
90マイルの速球とカーブが武器。

高校での通算成績は36勝2敗という
すごいもの。
今年は特にすごく、10勝0敗、
63回を投げ失点ゼロ
三振132という成績。

高校通算で476三振を奪っているが、
これはユタ州の最多記録だそうである。

彼が一人前のメジャーリーガーになるのを
楽しみにしている。
くれぐれもブライアン・テーラーの二の舞に
ならないように・・・。お願い。

June 07, 2005

1−4でブルージェイズに敗戦。

ブルージェイズはコロンカの立ち上がりを
とらえ、ヒルのセンターへのタイムリーで先制、
2回にはジョンソンの3ランで計4点。
このリードを3人の投手リレーで守りきった。

カブスはブルージェイズの先発の新人左腕
趣味の悪いゴーグルを着用しているチャシンの
前に打線が沈黙。7回を5安打無失点に抑えられた。
9回にラミレスのソロで1点を返すのがやっと。
併殺打3つと、走者がいる場面でことごとく凡退。

Archives
Recent Comments