May 02, 2005

プライアーがどうしたことか突然崩れた。

3−1で迎えた5回、3本のシングルヒットで
二死満塁。ここで4番のラムに満塁ホームランを打たれた。
さらに2つ四球を出すと今度はエヴェレットに
3ランホームランを打たれこの回7失点。
3−9で惨敗した。

まあプライアーも人間だから。
たまにはこういうこともあるし、
終わったことは仕方ない。明日だ、明日。


Satoshi at 22:03コメント(0)トラックバック(0) 
シカゴ・カブス 

May 01, 2005

ウッドが右肩を痛め降板。
何でこのチームはこう怪我人が多いのか。

ともあれ4月を貯金1で終えられて良かった。
まあ出だしとしてはこんなもんだろうか。
5月からの奮起に期待。

Satoshi at 22:50コメント(0)トラックバック(0) 
シカゴ・カブス 

April 30, 2005

マダックス対クレメンスという
300勝投手同士の投げあい。

ナ・リーグで300勝投手同士の投げあいは
何と1892年以来という、まさに歴史的一戦。

対決はマダックスに軍配。
序盤はストライクゾーンに苦しんだが、
徐々に調子を上げた。

2−2で同点の7回、バーニッツが決勝ホームラン。
リリーフ陣が抑えて逃げ切った。

「彼らが投げ合うなんて最高の見ものだったよ」
とベイカー監督。
そのとおりだ。

Satoshi at 22:14コメント(0)トラックバック(0) 
シカゴ・カブス 

April 29, 2005

大リーグトリビア。

「シンシナティ・レッズは、
シカゴ・ホワイトソックスの
ユニフォーム
を着て試合をしたことがある。」

こういうバカっぽいの好きだ(笑)。あほですな。

1913年4月29日のことだったという。
シカゴに遠征にやってきた際、レッズの
トレーナーがユニフォームを忘れたため。
ホワイトソックスにユニフォームを借りて試合をしたそうだ。
ちなみにこの時の対戦相手はカブスで、
カブスが7ー2で勝利した。

Satoshi at 21:07コメント(0)トラックバック(0) 
大リーグ 

April 28, 2005

何と5点差をひっくりかえす大逆転勝利!!
いやーすごかった。

3回表。ロペスに満塁ホームランを打たれ1−6。
さすがに今日はダメかと思ったが・・・。

しかしその裏からカブス反撃開始。
3回裏。パターソンのツーベースでヘアストンが生還し2−6。
6回裏。リーが2ランを放ちレッズ先発ハラングをKO。4−6。
7回表。レッズは代打クルーズのタイムリーで追加点。4−7。
7回裏。3番手バレンタインを攻め一死一二塁でバッターはリー・・・

・・・この日2本目となるホームランは同点の3ラン。
この日リーは4の4、6打点とすさまじい活躍。
ナ・リーグ打撃三冠でトップ。今年は一味違うかも?

9回裏。パターソンがセンターへサヨナラホームランで8X-7。

今日の勝ちは大きい。


Satoshi at 22:24コメント(0)トラックバック(0) 
シカゴ・カブス 

April 27, 2005

9−11で敗戦。両チーム計28安打、
ホームラン5本という乱打戦で
見ていて面白かったのだが(疲れたけど)、
結果的には負け。
勝ってほしかった。残念。

1−5とリードされるも、打線が奮起し追いすがる。
4回にバーニッツの2ラン。
5回に1点を追加され3−6となるが、その裏、
無死一三塁からリーの犠牲フライ、ラミレスの2ラン、
さらに走者を一人置いてデュボイスが2ラン。
この回一挙5点を入れる猛攻で8−7と逆転。

ここまでは良かったのだが、7回にワーツが
ヴァレンティン2点タイムリーを浴び、さらに
代打クルーズにも打たれ3失点。
このリードを守りきったレッズが勝利した。
カブスは7投手をつぎ込む執念を見せたが
及ばなかった。



Satoshi at 19:09コメント(0)トラックバック(0) 
シカゴ・カブス 

April 26, 2005

プライアーが6回で10奪三振を奪う
力投を見せれば、打線も
4打点のペレスを筆頭に12安打10点。
10−6で勝利。

一方、9回に新しいクローザー候補フォックスが
腕を痛め降板・・・。

ちょっと怪我人が多いなあ。
ガルシアパーラ、ウォーカー、フォックス、
ボロウスキー、ウィリアムソン。
これでフォックスもとなるときついものがあるが。

Satoshi at 22:15コメント(0)トラックバック(0) 
シカゴ・カブス 

April 25, 2005

2回、サンチェスに2点タイムリーツーベースを打たれ
2点を先制されたものの、4回に反撃。
まず先頭のペレスがパイレーツ先発の
ウィリアムスからソロホームラン。
連続ヒットで一死一二塁とすると
バーニッツがライトへ逆転の3ラン。
8回にも1点を追加し、5−2で勝利。

ウッドは5回を3安打と好投。
リリーフ陣も無失点に抑えた。

チームは再び勝率五割。

Satoshi at 22:57コメント(0)トラックバック(0) 
シカゴ・カブス 

April 24, 2005

ホーキンスがまたしてもセーブ失敗。

3−2と1点リードし、9回表ホーキンス登板。
一死後、ベイに同点ソロを浴びあっさり同点とされると、
続くC.ウィルソンが四球で出塁し、すかさず二盗。
マコウィアック三振のあと、代打サンチェスが
左中間へ三塁打。結局これが決勝点。
9回裏はメサに抑えられ3−4で敗戦。

結果論だが、マダックスは代えなくても
良かったのではないか。
8回を投げた段階でまだ98球だったし。
パイレーツ打線をわずか4安打に封じていたのに・・・。

まあ終わったことは仕方がない。明日だ、明日。

●セデーニョがデビュー。
ロニー・セデーニョが、この試合の9回に
グリーブの代走として出場し
メジャーデビューを果たした。

ベネズエラ出身の22歳。

99年、16歳のときにカブス入団。
去年初めてダブルAでプレーし、
今年はトリプルAでプレー。
メジャーデビューは来年あたりかと思ったが、
ガルシアパーラが怪我をしたため
ラッキーな形で昇格となった。

今年はここまでトリプルAで13試合に出場、
打率.348、本塁打3、打点6と大当たり。

彼に対するチームの期待は大きく、それは
彼がシングルAにいた03年から既に
メジャー40人枠に登録されていることからもわかる。
近い将来、ショートのレギュラーになるだろう。

彼のセールスポイントは打撃ではなく、
足の速さとショートの守備。
話によると守備だけならすでにメジャー級だという。
とりあえずショートなので打撃は二の次。
守ってもらえれば。

Satoshi at 21:20コメント(0)トラックバック(0) 
シカゴ・カブス 

April 21, 2005

ガルシアパーラが左足の付け根を負傷して退場。

2−0でリードして迎えた3回表、一死一、三塁。
開幕から打撃不振で、この日は6番に下がった
ガルシアパーラがショートゴロを打ったあと、
バッターボックスを出た直後に転倒。

そのまま立ち上がることができず、
トレーナーに抱えられて退場。
明日にもMRI検査を受ける予定だという。

DL入りの上全治2、3ヶ月だろう。

ガルシアパーラは試合後、
「以前付け根を負傷したことがあるが、
こんなに痛かったことはない」とコメント。

なんてこった・・・。
夏までに戻ってきてくれるだろうか。

Satoshi at 18:24コメント(0)トラックバック(0) 
シカゴ・カブス 
Archives
Recent Comments