April 23, 2017

長打攻勢で、荒れた試合を制した。
12点のうち6点は四死球で出塁した走者が生還と、
レッズ投手陣の制球難にも助けられた。

初回、ヴォットに3ラン、スアレスにソロを浴び3-4とされるも、
2回に逆転する。
ブライアント二塁打、リゾとラッセルが四球で満塁とすると、
コントレラスが自身初となる満塁ホームラン。7-4。

5回はヘイワード四球の後アリエタがタイムリー三塁打。8-5。
さらに6回は、リゾ二塁打コントレラス死球の後ヘイワードが3ラン。
11-5と突き放した。
ちなみにヘイワードは9回にもタイムリーを放ち
自己最多タイの1試合4打点。今シーズンは打撃好調だ。

アリエタは立ち上がりの2回で6安打5失点という出来だったものの
その後復調。残り4イニングを無失点、シングルヒット2本に抑え
試合を作った。

Satoshi at 21:11コメント(0)トラックバック(0) 
シカゴ・カブス 

April 22, 2017

イライアスによると、3試合連続で3点差以上を逆転しての勝利は
1929年7月24日〜26日以来だという。

18日のブルワーズ戦では0-5から逆転、
19日は、1-4から追いつき最後はラッセルのサヨナラ3ラン、
そして今日も3点差を逆転した。
その前はパイレーツにスウィープされるなど4連敗し、
いいところが無かったのだが・・・ただ驚くばかり。

6〜8回だけで残塁6。
チャンスを逃し続けていたが、2-5の9回に追いつく。
代打モンテーロ安打、シュウォーバー二塁打で一死二三塁。
ブライアントが倒れ二死となるも、
ここでリゾが起死回生の同点3ランを放つ。5-5。

そして11回、アルモラ四球シュウォーバー安打で一三塁とすると、
ブライアントが犠牲フライ。アルモラがうまく滑り込んでこれが決勝点。

リリーフ陣が5回1/3を1安打無失点と好投し、追加点を許さなかったのも勝因。
なおエドワーズは通算48試合目でメジャー初勝利。

Satoshi at 21:44コメント(0)トラックバック(0) 
シカゴ・カブス 

April 16, 2017

痛恨の逆転負け。4点差を逆転された。
ブライアント2本塁打、ラッセル3打点と打撃陣は打ったが、
リリーフが打たれた。

初回の4得点をはじめ3回までに6-2とリード。
勝てると思ったが、やはり甘くはない。
4本もホームランを打たれてはなあ。

まず6回、マーテにソロを浴びる。
7回、ハリソンにソロを打たれ6-4。
続くハンソンに安打と盗塁で二進され、
フレイジャーにタイムリーを打たれる。6-5。
さらにマーテに四球を出し一二塁とすると
マッカチェンに逆転3ランを打たれた。

9回にブライアントがソロを放つも、一歩及ばず。

Satoshi at 21:47コメント(2)トラックバック(0) 
シカゴ・カブス 
スイセン見ごろ

海浜公園

ネモフィラはもう少しか

海浜公園

海浜公園

チューリップはもう少し

Satoshi at 21:40コメント(0)トラックバック(0) 
日記 

April 15, 2017

阿漕が浦

阿漕が浦

阿漕が浦

阿漕が浦

Satoshi at 21:49コメント(0)トラックバック(0) 
日記 
Brian Matthew Duensing
投手・左投げ左打ち
83年カンザス州生まれ
05年ドラフト3位でツインズ入団
16年12月にFAでオリオールズからカブスに移籍
今季年俸 200万ドル
年度別成績

オリオールズから移籍。
92マイルくらいの速球とスライダー、カーブ、チェンジアップが持ち球。
12〜15年の登板数245は同期間のア・リーグ左投手の中で3位と、
ツインズ時代は大忙しだった左のリリーフ。

昨年はロイヤルズ傘下で開幕を迎えたが、
メジャーでの出番なく5月に退団。
オリオールズに移籍したものの、これまでの登板過多が祟ったのか
6月に左ひじを手術。9月に復帰しプレーオフにも登板したが、
結局シーズンでは14試合の登板にとどまった。

ただ、今年が本格的な復帰になると考えれば
まだ戦力として期待できそうだ。
左打者に強く、対左の通算成績は被安打率.236、1四球あたりの奪三振は3.72。
そして左に打たれた本塁打はメジャー8年で10本だけと素晴らしい。
主にワンポイントリリーフで起用されそうだ。

活躍すればファンから応援してもらえるだろう。
自身リグレーでの登板歴は一度もなし。
その熱狂ぶりに驚くのではないか。

ちなみに、北京五輪の米国代表。
カブス(にいた)選手には北京五輪代表が多い。
ダンシングの他に、アンダーソン、アリエタ、ケイヒル、
スティーヴンス、ウェザーズ(カブスでの登板は無し)、
ティーガーデン、ファウラー、シャーホルツ。


●個人タイトル・記録など
*北京五輪米国代表(08年)

Satoshi at 21:30コメント(0)トラックバック(0) 
シカゴ・カブス 
今シーズン4敗のうち2敗はサヨナラ、1敗は完封負け、
今日は2点差で負け。4試合全て2点差以内の接戦を落としている。
接戦に弱いとみるか惨敗していないのが素晴らしいとみるか。
私は後者。勝率6割なら上出来。

ただ今日の打線は11残塁。
8回、9回共に二死満塁のチャンスをつかんだが、どちらもものにできず。
打撃陣のエンジンはまだかかっていない印象だ。

ゾブリストとシュウォーバーのタイムリーで
2-1とリードしていたが、逆転を許す。
6回、連打で無死一三塁にするとフリーズに同点タイムリー、
続くサーヴェリに2点タイムリー二塁打を打たれた。

なおヘンドリクスがパイレーツに負けるのは15年4月以来。

●入れ替え。エドワーズを一時離脱リストに登録し
代わりにダンシングを故障者リストから登録。

Satoshi at 21:26コメント(0)トラックバック(0) 
シカゴ・カブス 

April 13, 2017




Satoshi at 22:39コメント(0)トラックバック(0) 
シカゴ・カブス 

April 11, 2017



Satoshi at 23:10コメント(2)トラックバック(0) 
シカゴ・カブス 

April 09, 2017

先発全員安打と打線爆発。

同点追いつかれた直後の5回に勝ち越す。
ラッセル二塁打、バエズ敬遠、ワイルドピッチで二死二三塁。
ここでヘンドリクスは投手前のゴロだったものの、
高くバウンドしたのが幸いしタイムリー内野安打になる。

今日は17安打と打線が良く打ったが、投手が打った弱い打球が
決勝点になるところが面白い。
続くアルモラもラッキーなタイムリー(ヴィヤーのエラー?)で追加点。
6-4とする。

7回は、内野安打のバエズがパスボールで二進すると、
またアルモラのタイムリー。7点目。
8回にもバエズとコントレラスがそれぞれ2点タイムリー。
4点を入れてダメ押し。

Satoshi at 19:35コメント(2)トラックバック(0) 
シカゴ・カブス 
Archives
Recent Comments